稼げるアフィリエイトASP

アフィリエイトASPとは?

アフィリエイトASPとは、アフィリエイター(あなた)と広告主をマッチングさせる役割を担う広告代理店のことです。

 

最近では、アフィリエイトASPを介さずに直接広告主と契約を結ぶ形態も増えています。

 

直接契約を結ぶケースはスーパーアフィリエイターによく見受けられます。

 

アフィリエイトASPを介さないことでアフィリエイター(あなた)と広告主がそれぞれ中間マージンを抜くことができるため、双方にメリットがあります。しかしながら、個別契約になるため、交渉力に自信のない方にはおすすめできません。

 

結局どのアフィリエイトASPと契約すればよいのか?

まずはA8.netが登竜門になります。その上で、アフィリエイター(あなた)が取り組むジャンルのアフィリエイト案件がない場合やアフィリエイト報酬額が他のアフィリエイトASPよりも低い場合に、A8.net以外のアフィリエイトASPを検討するのがよいでしょう。

 

やみくもに複数のアフィリエイトASPと契約しても面倒になりますし、実績が分散されてしまいますと、特別単価の交渉にも不利になります。

 

昔と違い、アフィリエイトASP間の条件、取り扱い広告主、アフィリエイト報酬に差がなくなっていますのであまり気にする必要はありません。そんなことよりも上位表示させることに注力し、実績を出すことの方が重要です。

 

上位表示さえできれば、アフィリエイト報酬はおのずとついてきますので安心してください。

 

アフィリエイトASPの審査を通過すにはどの程度のアフィリエイトサイトが必要?

最低条件が日々切上がっているのが現状です。
アフィリエイトASPの審査を通過すには、アフィリエイトASPごとに独自の審査基準が設けられています

 

その中でも、A8.netの審査基準は非常に簡単です。A8.netの審査で落とされているようでは他のアフィリエイトASPの審査に通過することは難しいでしょう。

 

A8.netの審査を通過後、今度は各広告主との個別審査があります。人気がある広告主ほど審査が難しくなっています。なぜなら、変なウェブサイトで紹介されてしまうとブランドに傷がつくからです。

 

広告主が嫌がるケースの例として、「消費者金融のアフィリエイトサイトで、債務整理を紹介する」などが挙げられます。債務整理考えている人にお金を貸したい消費者金融がいるはずないですよね。

 

アフィリエイターからすると、双方ともお金に困っている人をターゲット考えていますが、広告主にとってはとんだ迷惑です。そんなアフィリエイトサイトに広告主が広告を掲載したいはずがありませんよね。アフィリエイターはユーザーと広告主の双方にメリットのあるアフィリエイトサイトの作成が必要なのです。

 

また、広告主の審査には個別的な注意事項が設定されていることがあります。例えば、「商標(ブランド名・商品名・社名)」でのSEO対策すること、ドメイン名に「商標(ブランド名・商品名・社名)」のつづりを入れること、公式サイトと表記すること、公式サイトと誤認させるような行為などです。要は、ズルをして集客をするな!ということです。