エックスエムで追加口座を開設しよう!方法やメリット・デメリット・注意点をご紹介

エックスエム 追加口座

国内FX業者を利用している方は、追加口座に馴染みがないかもしれません。すべてのFX業者で複数の口座を開設できるわけではなく、開設可能であればFX取引を有利に進められる可能性があります。

 

エックスエムは、複数の追加口座を開設できる海外FX業者のひとつで、なんと最大8つの追加口座を開設することができます。本記事では、エックスエムの追加口座の開設方法やメリット・デメリット、注意点をご紹介します。

 

エックスエムで追加口座を開設する方法

エックスエムの追加口座開設は、会員ページから行います。これから使い始める方は、まずリアル口座開設と会員登録を済ませておきましょう。

 

会員ページにアクセスすると、トップページに「追加口座を開設する」というメニューがあるのでクリックします。会員登録の際に、個人情報入力は済んでいることから、ここは、ツールプラットフォーム・口座タイプ・通貨・レバレッジ・口座ボーナス・パスワードの入力が必要です。

 

後は、「リアル口座開設」をクリックするだけなので、口座タイプなどをあらかじめ決めていれば、数分で追加口座が開設できます。書類提出も必要なく気軽に開設できるのが魅力です。

 

 

エックスエムで追加口座を開設するメリット

エックスエムで追加口座を開設すると、FX取引においてメリットが多くあります。口座の使い分けはもちろん、リスクマネジメントやレバレッジ変更などにも効果的です。さっそく3つのメリットを見ていきましょう。

 

口座やツール、レバレッジを使い分けられる

エックスエムの口座は、1人あたり最大8つ開設することができ、口座ごとに口座タイプやツールプラットフォーム、レバレッジを使い分けることができます。

 

口座には、「マイクロアカウント」「スタンダードアカウント」「ゼロアカウント」の3種類があり、リスクやスプレッドなどに違いがあります。ツールプラットフォームは、MT4とMT5があり、動作スピードや機能が異なります。口座やツールをそれぞれ試したいという場合に追加口座の開設がおすすめです。

 

またレバレッジ設定も最大888倍まで設定できます。ハイレバレッジの取引に慣れていない方は、レバレッジごとに口座を分けて使ってみることも可能です。

 

資金移動でリスクマネジメントできる

エックスエムでは、口座間の資金の移動ができます。会員ページの「資金振替」で申請することで簡単に移動可能です。資金振替機能は、複数口座でレバレッジを別に設定しているときに便利で、リスクマネジメントができるようになります。

 

ハイレバレッジで勝負する口座は、利益が出た時の金額が大きい反面、失敗して証拠金を失うリスクもあります。つい勝負を焦って資金を枯らしてしまえば、トータルでマイナスになるでしょう。そこでレバレッジの低くリスクを抑えた口座に資金を移動しておけば、軍資金をしっかりと確保できます。

 

エックスエムトレーディングポイントを共有できる

エックスエムでは、取引ごとにエックスエムトレーディングポイントが貯まります。ポイントは、現金に換金したり、証拠金に充てたりできるので、非常にお得です。このポイントは複数口座で共有され、効率よく貯めることや利益・証拠金にするなど、トレードを円滑に進められます。

 

また取引期間に応じて、ステータスがアップグレードされ、ロットに対するポイント率が上がります。エックスエムを使うほどに獲得ポイントが上がるので、ポイントで得られるメリットが大きくなります。

 

グレード 取引活動期間 ロット当たりのポイント
エグゼクティブ - 10ポイント
ゴールド 30日以上 13ポイント
ダイアモンド 60日以上 16ポイント
エリート 100日以上 20ポイント

 

 

エックスエム追加口座を管理するデメリット

エックスエムで追加口座を開設することにはメリットが多いですが、いくつかのデメリットもあります。複数口座を管理したい方は、あらかじめ確認しておきましょう。

 

90日間トレードなど動きがない口座に維持費がかかる

追加口座を管理している場合、あまり活用しない口座が出てくるかもしれません。一度入金した口座について、90日間トレードや入金が行われていない口座には、毎月5ドルの維持費がかかってしまいます。

 

無駄な維持費がかかってしまうので、とりあえず最大8口座つくっておこうといったむやみな追加口座の開設は避けましょう。

 

ボーナス枠は全口座共通

ボーナス枠は、全口座で共通なので、追加口座ごとにボーナスを受け取ることはできません。ボーナスを受け取る際は、口座を指定して受け取る仕組みになっています。

 

 

エックスエムで追加口座を開設する上での注意点

エックスエムで追加口座を開設することでFX取引の幅が広がりますが、できないことや利益計上などで注意したいポイントも増えます。主な2つの注意点をご紹介します。

 

複数口座での両建てはできない

FX取引において、買いポジションと売りポジションを持つ両建ては、長期・短期トレンドを両方狙えるメジャーな手法です。

 

エックスエムでは、同一口座内での両建ては可能ですが、複数口座を使って、一つの口座で買いポジション・もう一つの口座で売りポジション保有といった両建てはできません。両建てでの複数口座活用を検討していた方は注意しましょう。

 

確定申告ですべての口座利益を計上しなくてはいけない

FX取引などによる所得は、雑所得として確定申告する必要があります。口座がひとつの場合は、その口座のみの計上ですが、複数口座を持っている場合、すべての口座利益を把握・合算し計上しなければいけません。

 

申告に手間がかかり、漏れがないかチェックする必要もあります。利益管理や申告の手間を理解した上で追加口座を開設しましょう。

 

 

まとめ

エックスエムの口座は、1人あたり最大8口座まで追加することができます。追加口座を開設することで、口座・ツール・レバレッジの使い分けや資金移動、ポイント共有などのメリットがあり、FX取引のリスクを抑えた上で活性化できるでしょう。

 

ただし、複数口座での両建てができないことやトレードのない口座にかかる維持費などについてはしっかりと理解しておく必要があります。エックスエムの追加口座を効果的に利用し、快適なトレードを実現しましょう。