XMのアカウント開設方法を解説。口座の種類や選び方も

XMのアカウント開設方法

XMのアカウント開設方法

海外FX業者「XM」で取引するためには、アカウントと呼ばれる口座を開設する必要があります。XMのアカウントは3種類あるので、特徴を理解して自分に合ったアカウントを選ぶことが大切です。

 

本記事では、XMのアカウントについて、種類ごとの特徴や開設の流れをご紹介します。アカウントの選び方も紹介しているので、ぜひ参考にしてみましょう。

 

 

XMの3つのアカウントを知っておこう

XMの口座は、マイクロアカウント・スタンダードアカウント・ゼロアカウントの3つです。発注方法や通貨、プラットフォームなどは共通していますが、それぞれに違いがあります。どのようなアカウントか一つずつ解説していきます。

 

マイクロアカウント

XMのマイクロアカウントは、最小注文数が低く設定された口座です。最小注文数は0.0001ロット(10通貨)からで取引を始められます。レバレッジは最大888倍まで設定できるので、注文数とレバレッジによっては10円で取引を始めることも可能です。

 

また最大注文数もゼロアカウントよりも低く設定されていて、一度に建てられるポジションに制限があり、リスクをおさえられるようになっています。

 

スタンダードアカウント

スタンダードアカウントは、取引に慣れた方におすすめされている口座です。マイクロアカウントと同じ初回最低入金額ですが、最小注文数や最大注文数は、次に紹介するゼロアカウントと同じで高くなっているので、利益をあげられるものの、リスクも伴います。

 

ゼロアカウント

ゼロアカウントは、スプレッドが極力おさえているのが特徴です。スプレッドゼロに限りなく近い通貨ペアもあり、利益を得やすいアカウントになっています。

 

ただし、取引手数料がかかることや入金ボーナス・ロイヤルティプログラムの対象外であることなど、いくつかのデメリットには注意が必要です。

 

 

XMアカウント開設の流れ

開設するアカウントを選んだら、さっそく開設を申し込みましょう。XMのアカウント開設の流れは以下の通りです。

 

  1. 公式ページの「リアル口座開設」をクリック
  2. 「XM各種利用規約」「エフエックス プラス利用規約」「エフエックス プライバシーポリシー」確認
  3. お客様情報の入力(名前・住所・連絡先・職業・財務状況など)
  4. アカウント情報の入力(口座タイプ・レバレッジ・口座通貨など)
  5. 証明書類のアップロード・送付(身分証明書・現住所証明書)
  6. 審査後、口座情報の確認
  7. 入金後、口座有効化・取引開始

 

パソコンやスマホ、タブレットなど端末を問わず申し込みでき、わずか5分ほどで完了できる内容です。開設までの時間も短く、最短即日に取引を始められます。

 

 

自分に合ったアカウントを開設するためのポイント

XMでアカウントを開設するときに、どの口座を選ぶかが重要です。より利益を得られる口座を探している、まずは取引の感覚をつかみたいなどの目的によって、使いやすさが違ってくるでしょう。どのような人にどのアカウントが合うかご紹介していきます。

 

取引のリスクをおさえたいならマイクロアカウント

はじめてFX取引を始める方や国内FXから海外FXに移行する方にとって、はじめのリスクは避けたいでしょう。

 

マイクロアカウントなら、最低注文数や初回最低入金額が低く設定されているので、リスクに晒されることなく取引を始められます。海外FXでの取引に慣れていない方は、まずマイクロアカウントを使うのがおすすめです。

 

取引に慣れてきたトレーダーにはスタンダードアカウント

トレード経験が既にある方にはスタンダードアカウントがおすすめです。最大888倍のレバレッジを活かして、FXやCFDなど豊富な銘柄で、ハイレバレッジのトレードができます。

 

また初回最低入金額がマイクロアカウントと同じ5ドルであり、取引を始めやすいのも特徴です。マイクロアカウントとスタンダードアカウントで迷っている場合は、トレード経験を活かしてスタンダードアカウントを選んでみましょう。

 

スプレッドをおさえるならゼロアカウント

マイクロアカウントやスタンダードアカウントだけでなく、他業者よりもスプレッドが狭いのがゼロアカウントです。スプレッドをおさえた取引がしたい方には、ゼロアカウントが合っています。

 

ただ、2つのアカウントとは特殊で、最大レバレッジが500倍・初回最低入金額が100ドルからなどの違いがあるので、スプレッド以外もしっかり比較することが大切です。

 

 

まとめ

XMのアカウント開設は、個人情報・口座情報の入力や確認書類の提出をするだけなので、時間と手間をかけずできます。口座情報の入力では、マイクロアカウント・スタンダードアカウント・ゼロアカウントから口座を選ぶ必要があります。

 

アカウントそれぞれでリスクやスプレッドなどに差があるので、特徴をおさえて選ぶことが大切です。自分に合ったアカウントを開設し、XMで取引を始めましょう。