XMアプリの使い方やメリットを解説!スマホやタブレットで取引しよう

XMアプリ

XMアプリ

「外出先から取引を確認したい」「スマートフォンやタブレットで気軽に取引したい」と考えている方もいるのではないでしょうか?XMは、専用アプリをリリースしているので、アプリを使って気軽に取引できるようになります。

 

本記事では、XMアプリについて、使い方やメリットをご紹介します。XMを利用している方は、ぜひアプリもダウンロードして活用してみましょう。

 

 

XMアプリのダウンロード方法

XMアプリをダウンロードする際は、まずマイページにログインする必要があります。口座番号・パスワードを入力しログインしたら、マイページのメニューにある「プラットフォーム」を選びましょう。

 

iPhone対応MT4・iPad対応MT4・android対応MT4・androidタブレット対応MT4の4つが表示されるので、アプリをダウンロードしたい端末に合わせて選択します。iPhone・iPadならAppstore、androidならGoogle Playアイコンが次ページで表示されます。どちらかのストアでアプリをダウンロードして、利用準備は完了です。

 

 

XMアプリのログイン方法

XMアプリをダウンロードしただけだと、口座情報が登録されていないので利用できません。アプリにログインするためには、アプリのメニューを開き、「開始する」を選びます。

 

「取引アカウントが追加されていません」と表示されるので、画面右上の「+」アイコンをタップし、「既存のアカウントにログイン」を選択します。サーバーを選択する画面になったら、検索窓にXMと入れるとサーバー名が出てくるため、自分のリアル口座を見つけてタップしましょう。ログインIDとパスワードを入力すれば、ログインが完了し、アプリを利用できます。

 

 

XMアプリを活用するメリット

XMアプリを活用することで、取引手段をパソコンに限られることがなくなります。取引がしやすくなるだけでなく、配信の確認などにも便利です。XMアプリを活用する4つのメリットをご紹介します。

 

PCでの取引と遜色ない

普段PCを使って取引をしている人にとっては、アプリ版になると使い心地が不安な方もいるかもしれません。XMアプリは、PC版と遜色ない機能・使い心地なので、PCと同じ感覚で取引可能です。

 

入金やポジション決済、チャート確認などを問題なく行えて、PC版に比べて大きなデメリットはありません。

 

いつでもどこでも取引できる

スマートフォンやタブレットを使って、取引やチャート確認などを行えるので、時間や場所に関係なく使えます。普段パソコンがメインの方でも、どうしても離れなければいけない時、外出先でも気軽に取引できるようになります。

 

パソコンで取引できなかった間に含み損が発生してしまったということも、スマートフォンやタブレットで確認できれば防げるので、パソコンとアプリを使い分けるのもおすすめの使い方です。

 

オンラインセミナーを視聴できる

XMユーザーはウェビナーというオンラインセミナーを視聴することができます。トレードスキルやチャートの見方などを解説したセミナーで、トレードに役立つ情報が詰まっています。

 

パソコンはもちろん、アプリでも視聴できるので、外出先や帰宅中、隙間時間などで視聴しやすいです。トレードにまだ慣れていない方は、ウェビナーを視聴してスキルやノウハウを身につけましょう。

 

シグナル配信を確認できる

XMでは、取引売買のタイミングを教えてくれるシグナル配信を無料で提供しています。プロのアナリストによる分析に基づいたシグナル配信なので、取引のタイミングを逃すことが少なくなるでしょう。

 

シグナル配信は通貨ペアごとに行われ、ファイルをダウンロードすることで見られます。日本時間16:00~16:30と22:00~22:30に配信されるので、毎日要チェックです。パソコンとアプリ両方で利用できるので、外出していてもいち早く確認できます。

 

 

まとめ

XMアプリを利用することで、時間や場所に縛られず取引できたり、ウェビナー・シグナル配信を確認できたりするなど、より快適な取引が可能になります。パソコン版と使い勝手に差があるのではという心配も必要ないので、自宅と外出先で使い分ければ取引タイミングを逃さず、利益をあげられるでしょう。

 

XM口座を既に開設している方は、ぜひアプリをダウンロードしてみましょう。XMアプリのダウンロード方法・ログイン方法を参考にして、アプリでより取引を効率化・活性化させてくださいね。