gem fxのログイン方法を解説

gem fxのログイン方法を解説

gem fxでFXトレードをするためには、まずログインをしなければいけませんよね。そのログインの前には口座開設をおこなわなければいけません。今回はgem fxのログイン方法について、口座開設のところから解説していきたいと思います!

 

口座開設からログインまで

まずはgem fxで口座を開設しなければいけません。gem fxの公式サイトにアクセスして、口座開設の手続きを進めていきます。

 

口座タイプ、登録種別、名前、メールアドレスといった必要事項を入力し、「私はロボットではありません」のチェックボックスにチェックを入れて、「口座開設」をクリックしましょう。ちなみに、口座タイプはオールイン口座を選びます。というのも、オールイン口座を選択しておかないと口座開設ボーナスを受け取ることができないのです。

 

口座開設ボタンをクリックすると、すぐに登録したメールアドレス宛に口座開設完了のメールが届くかと思います。メールにはログインパスワードが貼り付けられており、その下に「マイページログインはこちら」というボタンがあります。「マイページログインはこちら」のボタンをクリックすると、メールアドレスとログインパスワードを入力する画面に移動します。

 

画面が移動したら、口座開設の際に登録したメールアドレスとメールに貼り付けられていたログインパスワードを入力し、gem fxのマイページにアクセスします。これで口座開設が完了し、ログインできている状態になります。

 

ログインができるようになったらさらに手続きを進める

gem fxのマイページにログインできるようになったら、さらに手続きを進めていきましょう。というのも、口座を開設して終わりではなく、ボーナスを受け取ったり取引を始めたりするのに本人確認書類の提出が必要になるのです。

 

gem fxのマイページにログインしたら、「各種ID/生年月日入力」という画面から生年月日と身分証各種IDを入力していきます。身分証各種IDというのは、運転免許番号やパスポート番号などのことですね。本人確認書類の提出でアップロードする画像に記載されているものと同じものを入力してください。

 

続いて、本人確認書類の提出ということで画像をアップロードします。「ファイルのアップロード」というところで、書類1、書類2、書類3と画像をアップロードできるようになっているはずです。書類1には身分証明書のコピーを、書類2には発行日から3か月以内の住所証明書を、書類3には身分証明書と本人が一緒に写っている大きく鮮明な写真をそれぞれアップロードします。

 

画像をアップロードしたら、当日もしくは数日以内にgem fxから2通のメールが送られてくるはずです。問題がなければこれで本人確認の手続きが完了となり、口座開設のボーナスも受け取ることができますし、取引もスタートできる状態になります。

 

あと、これは利益が出てからでも問題はないのですが、日本円を出金する際に必要な情報の入力も完了させておくといいかもしれません。本人確認書類をアップロードする画面に「出金先情報が未入力です。登録はこちらから」という部分があり、「こちら」の部分がクリックできるようになっています。そこで必要事項をすべて問題なく入力すれば、いつでも出金できる状態になりますよ。

 

MT4のログイン方法についても知っておこう!

gem fxで取引をするのであれば、gem fxのマイページへのログインと別にMT4へのログインも必要になってくるかと思います。MT4のインストール後、ダウンロード後のログインの方法についても触れておきましょう。

 

MT4のインストール後、ダウンロード後、デスクトップにショートカットを作成している場合には、それをダブルクリックして起動させます。初めてのログインであれば「デモ口座の申請」というウインドウが表示されるかと思いますが、これは閉じてしまってOKです。

 

すると、「GemFX MT4」というウインドウが表示されるはずです。ちなみに、このウインドウはMT4の上部メニューにある「ファイル」から「取引口座にログイン」を選ぶことによって表示させることもできます。ウインドウでは「取引口座のログイン情報」という文言の下にログインIDやパスワード、サーバーが入力できるようになっているはずです。

 

サーバーの部分はリアル口座の場合には「GemTrade-Live」もしくは「GemTrade-Live2」を選択し、デモ口座の場合には「GemTrade-Demo」を選択します。ログインIDとパスワードに関しては、gem fxから送られてきている「口座開設完了のご案内」という件名のメールに記載されているものを使いましょう。

 

情報を入力して「ログイン」をクリックして、問題なければ正常にログインできているはずです。