gem fxの入金方法を解説

gem fxの入金方法を解説

gem fxの入金方法の多さは、海外FX業者の中でもトップクラスです。メンテナンス中で2019年11月時点では使えないものもあるのですが、銀行送金、クレジット決済(Visa, Master, アメックス, DINERS Club, DISCOVER)、ビットコイン決済、PayPal決済、PerfectMoney 決済、MegaTransfer決済、PAYEER決済、UnionPay・Wechat決済、bitwallet、Ethereum決済、ZOTAPAY決済、STICPAY決済、FastPay決済といった具合でとにかく数が多いです。ここでは、ジャンルごとにわけて入金方法について解説していきましょう!

 

銀行送金

まずは、gem fxの銀行送金についてです。基本通貨はJPY、手数料は無料、最低入金額は1000円、反映時間は入金確認後即時となっています。
銀行送金で入金する際の手順ですが、まずはマイページの「ご入金」をクリックします。入金依頼ページが表示されたら、入金口座と金額を記入しましょう。それを送信したら、あおぞら銀行で振り込みをするだけです。
ちなみに、銀行送金で入金する際にはgem fxの公式サイトのフォームから、入金予約をおこなうようにしましょうね。

 

クレジット決済

gem fxではクレジット決済による入金も可能となっています。基本通貨はUSD、JPYで手数料は無料、最低入金額は50USD、5000JPYで、反映時間は即時となっています。使えるクレジットカードはVisa、Master、アメックス、DINERS Club、DISCOVERの5種類です。

 

クレジット決済で入金をする際の入金手順ですが、まずはマイページの「ご入金」をクリックします。入金額を記入して「入金はコチラ」をクリックし、クレジットカード情報を記入しましょう。ただし、クレジット決済の場合は、日本国外での決済になりますので決済時間と請求時間に17時間ほどの差が生じるので、注意しておきましょう。

 

仮想通貨決済

gem fxでは仮想通貨決済による入金もできます。ビットコインとEthereumですね。ビットコイン決済の基本通貨はBTC、手数料は無料、最低入金額は0.01BTC、反映時間は即時ととなっています。Ethereum決済の基本通貨はETH、手数料は無料、最低入金額0.1ETH、反映時間は即時となっています。

 

2019年11月時点では残念なことに、ビットコイン決済もEthereum決済もメンテナンス中で使えないようです。ただ、今後使えるようになったときのためにもビットコイン決済やEthereum決済で入金をする際の手順について知っておきましょう。

 

ビットコイン決済とEthereum決済は、まず専用のアドレスを生成しなければいけません。専用アドレスの生成は「専用アドレス作成」ボタンをタップして待つだけでOKです。数分ほど経過したら、ページを再読み込みしてみましょう。入金ができるようになっているはずですよ。

 

入金ができるようになったら、入金を希望する口座番号を選択すます。それぞれのアドレスまで最低入金額以上の金額を送金します。送金処理完了後、トランザクションが確定するまで待ちましょう。トランザクションが確定した段階でMT4口座に反映されているはずですよ。

 

オンラインウォレット決済

gem fxはオンラインウォレット決済でも入金ができるのですが、2019年11月時点ではメンテナンス中で使えないものも少なくありません。オンラインウォレット決済に関しては、特に数が多いですね。

 

2019年11月時点で使えるオンラインウォレット決済でおすすめできるのが、STICPAYです。というのも、日本円口座で円の振り込みに使えるのはSTICPAYくらいなのです。日本円口座対応で、円の取り扱いがあり、日本語に対応している……そして何よりも現時点で使えるということを考えてもSTICPAY一択といっても過言ではありません。

 

使い方もシンプルです。マイページの「ご入金」を選び、STICPAYの口座番号を確認後、入金額を入力します。その後、「STICPAY決済フォームへ」というボタンをクリックしましょう。あとは、STICPAYでログインし、決済手続きをおこなえば即時で反映されるはずですよ。

 

ちなみに、STICPAY以外で使えるのはPerfect Money、PAYEER、ZOTAPAY、FastPayとなっています。ただし、使いにくいのでおすすめはできません。それ以外のPayPal、MEGATRANSFER、UnionPay・Wechat、bitwalletはメンテナンス中で2019年11月時点では使えません。今後メンテナンス中のものが使えるようになったとしたら、bitwalletでの送金もおすすめですよ。